Apple『ARKit 4』を発表。新型iPad Pro特化の機能も搭載

Apple『ARKit 4』を発表。新型iPad Pro特化の機能も搭載

米国Apple Inc.は2020年6月22日(現地時間)、年次開発者会議『WWDC 2020』を開催しました。MacがArmベースの独自SoCに移行するなど、大きな情報があった中で、iOS/iPadOSの『ARKit』のアップデートであるを『ARKit 4』発表しました。新型iPad Pro特化の機能も搭載するなど、ARの精度や使い勝手をさらに推し進めていくものとなります。

LiDARスキャナを活用した『Depth API』

新型iPad Proに搭載されたLiDARスキャナも活用

『ARKit 4』の中で注目の新機能なのが、新型iPad Proに搭載されているLiDARスキャナを活用した『Depth API』です。

LiDARスキャナに内蔵された高度なシーン理解機能により、周辺環境の深度情報を、ピクセル単位で利用することができます。これによって生成された3Dメッシュデータを利用することで、仮想オブジェクトを瞬時に配置し、現実空間のものと仮想オブジェクトをより自然にブレンドすることができるとしています。

LiDARスキャナを使うことで、ソファといった複雑なものの上で3Dのボールが跳ねる、植木の裏側に隠れるといった処理の精度があがります。

ただし、Depth APIは、LiDARスキャナを搭載したデバイスに特化しているため、現状ではiPad Pro 11インチ(第2世代)iPad Pro 12.9インチ(第4世代)のみ利用できるものとなっています。

ロケーションアンカー

街中や有名なランドマークのそばなど、特定の場所にARオブジェクトを配置することができます。ロケーションアンカリングでは、特定の緯度、経度、高度の座標にAR作品を固定することができます。

上記の動画では下部のマップ上をタップすると、リアルタイムにカメラの情報にARオブジェクトが表示される様子が確認できます。

現実の位置情報とARオブジェクトの設置を連動させることで、アプリ開発者は新しいアプリやサービスが産み出せそうですね。

フェイストラッキングの拡張

ARKitはフェイストラッキングの精度が高いことが特徴の一つでもありました。今回、そのフェイストラッキングのサポート端末をA12 Bionic搭載端末全てのデバイスカメラにまで拡大されます。これには、FaceIDの搭載されていないiPhone SE(第2世代)も含まれています。

LiDARスキャナは今秋発売されるiPhoneにも搭載か

『ARKit 4』の新機能の数々の中でも、LiDARスキャナ特化の機能がリリースされたことは、今後のAppleのハードウェアの方向性を示すものでもあります。

実際、2020年秋に発売される次世代のiPhoneシリーズの上位モデルには、LiDARスキャナが搭載されるのではないかと噂されています。

iOS・Androidカテゴリの最新記事