Google検索結果画面に恐竜のARが追加。ジュラシックワールドのCGを利用

Google検索結果画面に恐竜のARが追加。ジュラシックワールドのCGを利用

Googleは、スマートフォンなどのモバイルデバイスでのGoogle検索結果画面において恐竜のARを追加したことを公式ブログで発表しました。iPhoneやAndroidといったスマートフォンで恐竜名をGoogle検索し、『3D 表示』をタップするだけで、AR表示することができます。

ジュラシック・ワールドより10体の恐竜をARで再現

GoogleはUniversal Brand Development, Amblin Entertainment及びLudia の3社と協力し、検索結果画面においてジュラシック・ワールドより10体の恐竜をARで再現できるようにしています。

Androidスマートフォンの場合、Android 7 以降のAR Coreに対応したデバイスで、Googleアプリまたは任意のAndroidブラウザーで対象の恐竜名を検索することでARを利用することができます。

iPhoneやiPadといったiOSデバイスでは、GoogleアプリまたはSafariでGoogle.comのサイトを利用して恐竜名を検索することで、ARを利用することができます。

AR表示できる恐竜一覧

Google検索結果画面でAR表示できる恐竜は以下の10体です。

  • ティラノサウルス
  • ヴェロキラプトル
  • トリケラトプス
  • スピノサウルス
  • ステゴサウルス
  • ブラキオサウルス
  • アンキロサウルス
  • ディロフォサウルス
  • プテラノドン
  • パラサウロロフス

Androidデバイスでは恐竜の泣き声や足音を聞くことも可能

Androidデバイスでは、恐竜の泣き声や足音の音声を聞くことも可能となっています。泣き声や足音といった音声が追加されることで、より迫力のあるAR体験をすることができます。

iOS・Androidカテゴリの最新記事