Oculus Quest

1/2ページ
Oculus Quest(オキュラスクエスト)は、Oculus(FacebookのVR開発部門)が開発・販売するVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)です。 Oculus QuestはPCや外部センサーを必要とせず、本体だけでVRを楽しめる『スタンドアローン型』と呼ばれるVRHMDです。また、本体・コントローラー共に6Dof対応しており、回転だけでなく位置もセンシングしているため、VRの中でしゃがんだり、覗き込んだり、回り込むといった自由な動きができます。

Oculus QuestがPCVRに対応、Oculus Linkとは

2019年9月に行われたFacebook社主催の開発者向けイベント『Oculus Connect』にて、Oculus Quest(オキュラスクエスト)の新機能であるOculus Linkが発表されました。Oculus Linkは、Oculus QuestをPCにUSBケーブルでつなぐことにより、PCのVRコンテンツを楽しむことができる機能で、これによりOculus Questはさらに多くのVRコンテンツを楽しむことができます。

VRマルチプレイ剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』本日リリース

2019年6月7日、VRマルチプレイ剣戟(けんげき)アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』がリリースされました。ソード・オブ・ガルガンチュアは、日本発のVRアクションゲームで、身体感覚そのままにVRで剣や盾をもって巨人たちと戦います。オンラインマルチプレイに対応しており、最大4人で協力して戦うことができます。Oculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed Reality、そして発売されたばかりのOculus Questにも対応します。

スタンドアローンVR『Oculus Quest』本日発売。先行予約分より順次発送中

2019年5月21日、FacebookのXRブランドOculusは『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』を発売しました。Oculus Questはスタンドアローン型と言われる本体だけで起動できるVRヘッドセットで、またVR空間での移動も可能な6Dofに対応していることが特徴です。64GBが¥49,800と、これまでのVRヘッドセットの価格帯から大幅に下回る価格も魅力で、多くの注目を集めていることから2019年を象徴するVRデバイスとなると言われています。

アマゾンUKが誤って『Oculus Quest』のプレオーダーを開始、128GBモデルが499ドルと判明

イギリス向けに販売をしているアマゾンUKのサイトにて、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のプレオーダー開始画面が表示されました。現在は閉じられていますが、128GBモデルが499ポンド(ドル)と判明したほか、同梱物についても判明しました。

Oculus Quest『Vader Immortal』の追加動画が公開、ライトセーバーを持って戦うシーンも。

2019年4月12日、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のローンチタイトルとしてリリースされるスワーウォーズのVRアクションゲーム『Vader Immortal』の追加動画が公開されました。ゲーム内の動画が多く公開されており、プレイヤーがライトセーバーを持って戦うシーンも公開されています。

ソーシャルVR『 VR Chat』が『Oculus Quest』に対応することを発表

2019年3月28日(木)、人気ソーシャルVR『VR Chat(VRチャット)』が、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』に対応することを発表しました。VR Chatは、PC向けのVRとしてリリースされ、その自由度の高さから2018年3月には総プレイヤー数が300万人を突破するほどの高い人気を集めています。

VRリズムゲーム『Beat Saber』が『Oculus Quest』のローンチタイトルとしてリリース決定!

2019年3月19日、Oculusブログにて、VRリズムゲーム『Beat Saber(ビートセイバー)』が『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のローンチタイトルとしてリリースされることが発表されました。Beat Saberは2018年のリリース以来人気を集め、インディーズゲームながら100万ダウンロードを達成した人気のVRリズムゲームです。

クオリティ向上のためとされる『Oculus Quest』のコンテンツ審査規定とは

2019年2月27日、Facebook社のOculusチームの公式ブログにて『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のコンテンツ審査規定について発表されました。Facebook社は「クオリティを重視し、これまでで最も審査が厳しくなるだろう」としています。ソフトウェアのクオリティが上がることはユーザーにとってメリットがある一方で、厳密な審査には世界・日本のクリエイターからも懸念されています。

『Oculus Questコントローラー』がFCC通過、日本の技適マークがあることも判明

2019年の春に発売を予定してる『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』。そのコントローラーとみられるデバイスが、2019年2月11日に、米国のFCCを通過したことが判明しました。資料から技適マークがあることが判明し、このことから、日本で発売を予定していることは間違いないと考えられます。