CATEGORY Oculus

米Facebook傘下のVRハードウェア・プラットフォームを開発・提供している会社です。VRの先駆的存在である『Oculus Rift』をはじめ、世界中で話題になっているスタンドアローン型のVRデバイス『Oculus Go』『Oculus Quest』シリーズを展開しています。 ここでは、『Oculus Rift』『Oculus Go』『Oculus Quest』に関するニュース・レビューをご紹介します。

アマゾンUKが誤って『Oculus Quest』のプレオーダーを開始、128GBモデルが499ドルと判明

イギリス向けに販売をしているアマゾンUKのサイトにて、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のプレオーダー開始画面が表示されました。現在は閉じられていますが、128GBモデルが499ポンド(ドル)と判明したほか、同梱物についても判明しました。

Oculus Quest『Vader Immortal』の追加動画が公開、ライトセーバーを持って戦うシーンも。

2019年4月12日、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のローンチタイトルとしてリリースされるスワーウォーズのVRアクションゲーム『Vader Immortal』の追加動画が公開されました。ゲーム内の動画が多く公開されており、プレイヤーがライトセーバーを持って戦うシーンも公開されています。

ソーシャルVR『 VR Chat』が『Oculus Quest』に対応することを発表

2019年3月28日(木)、人気ソーシャルVR『VR Chat(VRチャット)』が、『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』に対応することを発表しました。VR Chatは、PC向けのVRとしてリリースされ、その自由度の高さから2018年3月には総プレイヤー数が300万人を突破するほどの高い人気を集めています。

『Oculus Rift S』発表、インサイドアウトトラッキング対応&解像度を向上

2019年3月20日(現地時間)、米国で開催されているGDC2019にて、Oculus(Facebook)はPC向けVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)『Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)』を発表しました。 現在販売中の『Oculus Rift』の次世代機で、ディスプレイの解像度が向上したほか、本体だけでトラッキング可能なインサイドアウト・トラッキングに対応しています。

VRリズムゲーム『Beat Saber』が『Oculus Quest』のローンチタイトルとしてリリース決定!

2019年3月19日、Oculusブログにて、VRリズムゲーム『Beat Saber(ビートセイバー)』が『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のローンチタイトルとしてリリースされることが発表されました。Beat Saberは2018年のリリース以来人気を集め、インディーズゲームながら100万ダウンロードを達成した人気のVRリズムゲームです。

『Oculus Rift S』についてGDC2019で詳細が明らかに。開発者向けメールに情報が記載

Oculus(Facebook社)からOculusのコンテンツ開発者に送られたメールに、2019年3月19日から開催されるGDC2019にて、かねてより噂されている『Oculus Rift S(オキュラスリフトエス)』についての発表が行われることが判明しました。Oculus Rift Sは『解像度の向上』と『Oculus Questのようなインサイドアウトトラッキング』が実装されるとされており、ソフトウェアベースのIPDを持つとされています。

クオリティ向上のためとされる『Oculus Quest』のコンテンツ審査規定とは

2019年2月27日、Facebook社のOculusチームの公式ブログにて『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』のコンテンツ審査規定について発表されました。Facebook社は「クオリティを重視し、これまでで最も審査が厳しくなるだろう」としています。ソフトウェアのクオリティが上がることはユーザーにとってメリットがある一方で、厳密な審査には世界・日本のクリエイターからも懸念されています。

『Oculus Questコントローラー』がFCC通過、日本の技適マークがあることも判明

2019年の春に発売を予定してる『Oculus Quest(オキュラスクエスト)』。そのコントローラーとみられるデバイスが、2019年2月11日に、米国のFCCを通過したことが判明しました。資料から技適マークがあることが判明し、このことから、日本で発売を予定していることは間違いないと考えられます。

滋賀県の観光スポットを巡るOculus Goアプリ『しがVR』がリリース

公益社団法人びわこビジターズビューローは、Oculus Go向けアプリ『しがVR』をリリースしました。『しがVR』は、メタセコイア並木、鶏足寺、琵琶湖博物館など、滋賀県の観光スポットを巡ることができるほか、通常では味わえない琵琶湖の上空の飛行、長浜・北びわ湖大花火大会といったイベントまでVRで疑似体験できるようになっています。

1 3